現役美容師が教える髪質改善と縮毛矯正の違い。3種類の髪質改善について解説

work

「髪質が気になるから美容室で髪質改善をしてみたいけど、どんなメニューを選んだら良いか分からない」と思ったことはありませんか?また、「自分の髪の毛には、髪質改善と縮毛矯正どっちのメニューが合っているか分からない」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現役美容師であり、多くの髪質改善のお客様を担当する私が、実際のお客様の事例に基づき、みなさんの抱える疑問について解説していきます。

この記事では

  • 髪質改善と縮毛矯正の違い
  • 3種類の髪質改善
  • 自分の髪の毛に合った髪質改善の選び方

を紹介しています。

ぜひ最後までお読みください。

髪質改善と縮毛矯正の違い

髪質改善とは髪質を綺麗に変化させる施術の総称です。そのため、縮毛矯正も髪質改善の中に含まれるという認識で間違いありません。

美容室では、メニューとして、癖を伸ばす施術を縮毛矯正。そのほかのトリートメントなどを髪質改善と表記しているパターンが多いため、別物だと捉えられますが、本来は同じ枠組みなのです。

3種類の髪質改善

では、髪質改善というメニューは実際どんな種類の施術があるのかを解説します。

縮毛矯正

還元剤と呼ばれる、髪の毛の癖を解く薬剤を使用し、ストレートの形をつけることで、クセやうねりを解消する施術です。

ダメージと引き換えに、かけた部分はストレートヘアを維持することができます。

酸熱トリートメント

酸と熱を使用したトリートメントなので、酸熱トリートメントと呼ばれています。特殊な酸と熱を反応させることで、髪の毛に新たな結合を作り出し、髪の毛の強度を強くする施術です。

従来のトリートメントに比べて、もちの良さや施術の難易度の高さに違いがあります。

システムトリートメント

以前から存在するトリートメントのことで、髪の毛の主成分であるタンパク質などの栄養分を髪の毛に補給することによって、手触りやまとまりなどを改善する施術です。

種類が豊富で、手軽なものから、工程数の多いものまで様々ありますが、失敗が少ないのが特徴として挙げられます。

クセの伸びダメージの無さもちの良さ
縮毛矯正×
酸熱トリートメント×
システム
トリートメント
××

自分の髪の毛に合った髪質改善の選び方

髪質改善を選ぶ上で、まずは自分の髪質を診断する必要があります。

  • クセがあるのか、ないのか
  • ダメージが多いのか、少ないのか

クセがあるのか、ないのかを判断する基準として、湿度が高い日に髪の毛の広がりやうねり、表面の毛羽立ちが現れるのかが挙げられます。

当てはまる人に関してはクセ毛の可能性が高いです。日本人のほとんどの方に、何らかのクセがあると言われているので、当てはまる人が多いと思われます。

ダメージが多いのか、少ないのかの判断は、髪の毛が濡れている時に柔らかくなるのか、あまり変わらないかで決まります。

乾いた時と濡れた時の柔らかさのギャップが大きい人ほど、ダメージがあるということになります。

クセがある方

クセがある髪質の方は、縮毛矯正がおすすめです。髪の毛はストレートの整った状態になって初めて、綺麗に見えるものなので、湿気などを受けてもストレートの状態が保てるようにする必要があります。

ストレートになれば、今まで以上にトリートメントの効果も感じやすくなりますので、初めは縮毛矯正をかけましょう。

クセがない方(ダメージがある)

クセはないが、ダメージがひどい方には酸熱トリートメントがおすすめです。髪の毛はダメージが多くなると、ハリコシがなくなります。酸熱トリートメントをすることで、髪の強度を上げ、擬似的に本来の状態に近づけます。

クセがない方(ダメージがない)

クセがなく、ダメージが少ない方は、システムトリートメントがおすすめです。縮毛矯正や酸熱トリートメントをする必要はありませんが、日々の生活の中で、髪の毛の栄養分は流れていきますので、定期的に補給してあげましょう。

まとまりや手触りが改善すれば、日々のお手入れも楽になり、より綺麗な髪の毛を維持することができます。

クセがあるクセがなくダメージがあるクセがなくダメージもない
縮毛矯正1××
酸熱トリートメント21×
システムトリートメント321

このように、縮毛矯正→酸熱トリートメント→システムトリートメントの順番で考えるのが基本です。

悩みが解消すれば、次の施術をしていくことで、髪質は改善されます。

まとめ

今回は

  • 髪質改善と縮毛矯正の違い
  • 3種類の髪質改善
  • 自分の髪の毛に合った髪質改善の選び方

について紹介しました。

迷われた場合は、信頼のおける美容師さんに相談していただけると、より正確な髪質診断や提案をしてもらえると思います。それぞれの違いや特徴を踏まえて、美容室でのメニュー選びの参考にしていただけると幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました